今さら聞けない?知っておこうビジネスメールのマナーとルール

>

そのビジネスメール、相手に伝わっていますか?

手軽だからこそマナーが必要

メールは書面とは違い国内や海外を問わず、また時間を気にすることなく相手に文章を送ることができます。
相手と直接顔を見ながら話せる方法が一番ですが、簡潔に要点を伝える手段としてはメールの方法が時間をかけずにスムーズにいきます。
それもビジネスメールのマナーが守られていればこそです。
どこかでビジネスマナーの授業を受けている方は「これは常識」の範囲かもしれません。
さらに社会人になると今さら誰にも聞けない内容ではないでしょうか。
宛名、冒頭挨拶、名乗り、本文、結び、署名の書式は常にデフォルトとして作り込んでおくと確認用としての役割を果たし失敗も減ると思います。
絶対にこのように書かなくてはいけないと言うより、とくに先方に失礼のないようにするためには初対面の場合など自己紹介がないと話が進みません。
そのためのマナーだと思えば自ら名乗ることが当たり前になっていくのではないでしょうか。

メールで全ては伝わらない

紙面より電子メールは簡単に扱えることから今では当たり前のツールになっています。
一日にたくさんのメールを受け取っている方は件名を見て無意識に開封する順序をつくっているようです。
一番危険なのはそうした多くのメールの中に埋もれてしまって遅くまで開封されないことです。
メールの扱い方で内容や書き方が見えてくると思います。
ビジネスメールには「内容を簡潔にまとめる」というルールがあります。
ということは、すべての内容をメールで伝えるのはどうしても限界があるということです。
SNSでもそうですが会話と比較すると半分も伝わっていないのです。
文章の書き方もありますが人は文章を目で追うのと、実際に話した声の記憶とでは理解度が違い文章は読んでいる途中で自分の中で解釈して読み進めています。
先方では作業の途中でメールの確認を行うわけですからざっと目を通しても内容がわかるように簡潔に内容をまとめることが大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る