基本的なビジネスメールのルール

今さら聞けない?知っておこうビジネスメールのマナーとルール

そのビジネスメール、相手に伝わっていますか?

無意識のうちにわかりづらいビジネスメールを送っていませんか。 わかっている人に伝える文章は簡単ですが、内容を知らない相手にも伝わる文章には書き方やルールがあります。 書式を用意しておくと、書き方を確認しなくても内容をチェックするだけで無駄な時間もかかりません。 今さら聞けないビジネスメールのマナーとは?

読みたくなるメールの書き方とは?

文章がびっしり書かれたメールを時間が迫っているときに読もうとしても頭に入ってきません。 件名を見て先に見てほしい内容でも書き方次第で埋もれてしまうことになります。 きれいな文章と優先順位を上げる件名にするためにどのようなことに気をつけると良いのでしょうか。

ビジネスメールの役割と失敗しないためにすることとは?

普段からスマホやパソコンなどでメールを送ることに慣れているみなさん、具体的なビジネスメールのマナーは?と聞かれて説明ができるでしょうか?
全く知らないわけではないけど漠然としていませんか。
現在ビジネスメールを使いこなしている方、これからビジネスメールを使うことが増える方も書き方を一緒に見直してみましょう。

急ぎの連絡やお詫び、言葉では伝わりにくい内容を確認したいときなどはメールで尋ねる、申し出るより電話連絡をして話をするほうが内容が間違いなく確実に伝わります。
大事な用件があるときもメールと電話連絡を併用して行き違いのないようにしたいものです。
ビジネスメールも含めてメールの内容が相手にわかりやすく読む人の立場になって書くのがマナーです。

例えば一般のメールについて一日に多数のメールを受信しているとわかってくるのですが、用件がハッキリ書かれたもの、件名を見て内容が予測できるものを優先的に開封しています。
ビジネスメールならば件名を見て優先順位を決める人も多いのではないでしょうか。
送信する側は早く見て欲しいと思っていても必ず相手が早く見てくれるという保証はありません。
また大切な用件はメールより紙面が好まれることもあります。用件の優先順位を上げるならビジネスメールより電話連絡になると思います。

メールの手軽さから全ての用件をメールのみで済ませようとする人が居ますが、直接電話で話したほうが良いこともメールで済ませるのは間違いです。
本当は口頭で上司に直接伝えなければならないのにメールで同僚に頼んでしまうような行動は社会人として無責任だと思われても仕方がないかもしれません。この考え方は先方にも失礼になります。
ビジネスメールの書き方はシンプルにまとめると読みやすいようです。
詳しくみていきましょう。

送信形式とお互いのプライバシー

現在のパソコンのメールのやり取りについては、余程のことがない限り互換性の面では心配がなく注意したいのは文書の形式です。 相手が受け取りやすい形式のメールにすること、添付するデータ量への配慮と複数のメールを送信する際のメールアドレスの扱いについて見ていきます。

TOPへ戻る